2020-08-25

Moku2+4 Original TSR-9 El Paso Beige(エルパソ・ベージュ)

Moku2+4 オリジナルカラーのTSR-9が仕上がりました。
価格は¥340,000-(税抜)です。
三条店で絶賛展示販売中です。


カラーは1960〜1970年代の英国車BMC(ブリティッシュ・モーター・コーポレーション)のエルパソ・ベージュに塗装しました。
黄みがかったベージュで、

カスタードクリームのような美味しそうな色味です。


今回に限りフロントバッジは、AMシリーズと共通のリベット止めです。

 BROOKSのレザーグリップとブレーキケーブルにはバイオレット(すみれ色)を合わせて、
フレームカラーのエルパソ・ベージュに少しアクセントを入れてみました。

オリジナルのモールトンを組む時にどのパーツを合わそうか
あ〜でもないこ〜でもないと毎回悩むんですが
最後は製作者の私たちが乗っててワクワクするかどうかを決め手にしています。
この組み合わせも有りそうで無い感じが楽しくてとても気に入っています。

サドルはフレームカラーと同系色のBROOKS B-17 Aged。

日常使いにも乗りやすいように、
ブラックのマッドガードを取り付けました。

太いタイヤに専用マッドガードを組み合わせると
全体的にポテっとした表情のモールトンに仕上がるので
機能的にもそうですが、ルックス的にも好みなので取り付けました。

タイヤは少し太めの20×1.5サイズでVブレーキ仕様です。
モールトン全シリーズの中でもVブレーキと太めのタイヤが履けるのは
TSRとXTBだけですね。


基本的にモールトン・バイシクルのフレームは、キャリパーブレーキ仕様なので
このモデルは本国に特注したVブレーキ仕様になるのですが、
太いタイヤだと路面抵抗が大きいのでは?と思われがちですが、
高圧なのとMTBほどタイヤが太くないので、見た目よりも軽快に楽しめます。
なにより太いタイヤは走っていて安心感がありますね。
かといって細いタイヤも履くことができるので、
サブホイールに細いタイヤを履いておくのも楽しいですね。
如何様にもなります。
どこにでも連れて行きたくなるモールトンに仕上げました。